20寄港地目 クリストバル(パナマ)

20寄港地目は、パナマのクリストバル。

中南米で一番危険で、ツアーを取らないと外には出られないということで、クナ族交流ツアーを取りました。

行く前に船内で、支援物資を振り分けました。

 

 

 

 

 

 

港からバスに乗ってクナ族に会いに行きました。

バスを降りると、お出迎えしてくれていました。

 

 

 

クナ族とは・・・

ラテンアメリカインディアンの一民族で、モラというカラフルな刺繍が代表的。

 

 

 

 

 

そんなクナ族の方々から、刺繍の仕方を教えてもらいました。

 

 

 

民族衣装モラはこんな感じ。

 

 

 

 

 

お昼ごはん

 

 

 

 

 

 

ごはんの後は、案内されながらショッピング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こどもたちの笑顔がたくさん。

 

 

 

 

 

ここは、以前ピースボートが支援したお金で作られた道路らしく、PEACE BOATと刻まれていました。

 

 

 

 

その後は、高校へ

 

 

 

 

学生たちと交流

 

 

 

 

 

案内してもらった後は、クナ族のみんなが、おどりや歌を披露してくれました。

 

 

 

 

 

支援物資も無事に渡せました。

使ってくれてるといいなあ。

 

 

 

 

 

 

少しの時間だったけど、すごくなついてくれて、感動的なお別れでした。

また会いたいなあ。

 

 

 

 

クリストバルにも壁画

 

ツアー後は安全とされている港のショッピングモールでお買い物!

スーパーやカジノもあって、楽しめます。

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です