1寄港地目 厦門(中国)

ピースボート95回クルーズの1寄港地目は中国の厦門!日本語読みだとアモイで、中国読みだとシアメンらしい。

正直、行く前は聞いたこともなかったです…

「これ(厦門)なんて読むんだっけ?」って何回言ったかなあ…

現地の人と交流したい!と思い、オプショナルツアー取りました( ´ ꒳ ` )ノ

 

交流系のツアーを取ると寄港地の前日くらいに船内で集合がかかります。

そこでグループ分けをして、出し物や、プレゼントなどを話し合いました!

 

せっかくだからなーと思って、中国語で手紙を書いて渡すことにしました。読む練習も中国語ができる友達に付き合ってもらって夜12時すぎまで起きてました。

 

そんなこんなで、当日を迎え、

下船許可が出るまでデッキで撮影大会\( ˆ ˆ )/

前日に何人かで集まって書いたスケッチブックを持ってたくさん写真を撮りました〜

下船許可の放送が入って、やっと出発!

港の外からツアーバスに乗って出発です。

バスの中ではガイドさんがいて、よく使う中国語を教えてくれたり、街の様子や歴史を教えてくれました。

 

グループごとにそれぞれの方の家にお邪魔しました。

私がお世話になったところの近くには幼稚園がありました。

中国の建物にはほとんどの窓に鉄格子が付いていました。転落防止かな?と思ったら、防犯対策らしいです。恐るべし中国。

 

お部屋には、靴のまま部屋に入りました。海外を感じた瞬間でした。

まずはお茶やフルーツなど出してくれました。

 

私はパールーという木の実みたいのを割って食べるフルーツがお気に入りでした。味はプルーンみたいな感じで甘くて美味しいです。

 

 

たくさん手料理を振舞ってもらって、お腹いっぱい〜。お酒も振舞ってくれました。

辛いものが多い印象でした。

 

食べながらお母さんとたくさんお話しました。

 

 

ツアーの交流の様子

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です